37℃サプリメントとは

 

人は37℃の体温で全てが動く

 

体内の細胞が最も活性化するのは体温が37℃に保たれた状態といわれています。

細胞の活性化はカラダの代謝をあげ、
外的なストレスに対する抵抗力を増やし健康を維持することにつながります。

つまり「体温37℃」は健やかなカラダのための理想的な体内環境といえます。

 

古の知恵×最先端科学

「カラダを温めることで治癒力が高まる」

人間が生まれながらにして持っている素晴らしい力。

そしてその生理メカニズムは大変複雑です。
それを最先端科学のチカラで説き明かした結果
体温を37℃にするためのいくつかのメソッドが生まれました。

その中の一つである「栄養摂取のピラミッド理論」をご紹介します。

栄養摂取のピラミッド理論

食事の糖化、外食、多忙など理由は様々ですが
現代の食事で全ての栄養素をとることは難しいとされています。

さらに、栄養を口から摂取しただけでは、カラダに取り込めたとは言えません。
ものをしっかりと消化・吸収してはじめて、カラダはそれを活用することができます。

優秀な食材やサプリメントを摂取しても、
その土台作りを怠っていると栄養を吸収できないばかりか、腐敗物をカラダに溜め込んでしまいます。

まずは土台(口・胃・腸内環境)を整えて

バランス良く栄養素を補充し、健康レベルの底上げをし

目的に応じた栄養素をプラスする

37℃サプリメントは、この体温を37℃にするための「栄養摂取のピラミッド理論」をベースにつくられています。

©  37度株式会社 All Rights Reserved.
PAGE TOP