NEWS & BLOG

いつも「37℃サプリメント」をご愛飲いただき誠にありがとうございます。

6月も中旬に入り、いよいよ梅雨到来ですね。

「今日は雨だから大丈夫…」なんて、油断してUVケアを忘れてしまいがちな6月。

気象庁の「日最大UVインデックス」によると、5~8月が紫外線のピークとされ、晴れの続く5月と、梅雨で雨や曇りが多い6月の紫外線が同じくらい強いことがわかっています。

そこで今回は「紫外線に負けないカラダ作りとUVケア」についてご紹介します!

 

■紫外線が弱いのは年間たった3か月!

東京を例に見てみると、紫外線が弱いとされているのは11~1月のたった3か月間。
(ちなみに沖縄では、冬でも東京の春に匹敵するくらいの紫外線量があるので要注意!)
紫外線対策は、日差しの強い日だけがんばる! という方も多いのですが、雨や曇りの日にもしっかり対策するのが大切です。

なぜなら、紫外線は日焼け以外にもシワやシミ、たるみなどを引き起こす「光老化」につながるからです。
若々しいお肌を保つためには、年間を通じた紫外線ケアが大切です!

■内側からの紫外線ケア

年中降り注ぐ紫外線に負けないためには、日焼けしにくいカラダづくりが大切です。

・ビタミンCとビタミンE
ビタミンCとEには、シミやそばかすの原因となるメラニン色素生成を抑えるとされる「抗酸化作用」のある成分が含まれています。
さらに、レモンやブロッコリー、じゃがいもなどに含まれるビタミンCは、お肌のハリとなるコラーゲンやエラスチンの生成を促進する効果も期待できると言われています。
また、緑黄色野菜などに含まれるビタミンEは、指先の毛細血管を広げ血の巡りを良くする働きが期待出来るといわれており、クーラーなどの夏冷え対策にもピッタリです。

・良質な睡眠
良質な睡眠は、肌の新陳代謝力と基礎力を高めます。
紫外線が強くなるこれからの季節は暗くなる時間が遅くなり、自然と生活パターンも後ろ倒しになってしまいがちです。
しっかり睡眠をとって、昼間浴びた紫外線を蓄積しないようにしましょう。

■アフターケア 

・72時間
シミやそばかすの原因となるメラニン色素は、肌の奥で定着するまでに約72時間かかるといわれています。
うっかり日焼けをしてしまっても、諦めずにきちんとアフターケアをすることが大切です!
日焼けをした肌は、火傷と同じで炎症を起こしている状態なので、まずはできるだけ早く冷やしてあげることが大切です。
水で濡らしたタオルや保冷パックなどで患部を冷やし、そのあとは、しっかり保湿をしましょう。
日焼けした肌は脱水状態になっているので、徹底的に保湿することが重要です。
刺激が少ない保湿力の高いスキンケアを使うように心がけましょう。
脱水症状のお肌に水分が届きやすいよう、常温の水をたっぷり飲んで水分補給を忘れずに!

紫外線ダメージは目の見ない部分で知らず知らずのうちに蓄積するものです。
未来のシミケアのために、紫外線量の増える時期はいつものスキンケアを美白ラインに変えたり、新たに美白美容液を加えるなどがオススメです。

・クレンジング
日焼け止めはしっかり塗ることと同時に、しっかりと落とすことも大切です。
日焼け止めが落としきれずに肌に残ったままにすると、毛穴に詰まってニキビや黒ずみの原因になったり、乾燥や肌荒れを引き起こす可能性があります。
日焼け止めを落とす際は、ウォータープルーフでなくてもクレンジングが必要です。
肌にクレンジング剤をのせたらしっかりと乳化させて、ゴシゴシと擦らずに優しく洗い流しましょう。
身体と頭皮もボーディーソープの前にクレンジング剤を使用してください。

帽子だと頭皮がムレて不快…という方にもオススメなのが、髪の毛にも使える日焼け止めスプレー。
紫外線ダメージによる白髪や抜け毛ケアとしてもオススメですが、ちゃんとその日のうちに落とさないと、毛穴詰まりの原因になります。
特に、SPFの値が高いUVブロック効果のあるものは、メイク落とし用のクレンジングオイルやミルクで頭皮をマッサージしてから、シャンプーをしてきちんと落とすことが大切です。
クレンジングが面倒な方には、石鹸でオフできる日焼け止めがオススメですが、汗や水だけでも落ちてしまうので、こまめに塗り直す必要があります。

日焼け後はすでに肌が乾燥状態にあるため、お風呂から上がった後にケアを怠るとさらなる乾燥を引き起こし、肌のバリア機能が低下してしまう危険があります。
お顔のケアと同じように、身体と髪もしっかりと保湿をしてくださいね!


自律神経と冷えと深く関わっている”梅雨バテ”は、ちょっとしたケアや運動でかなり解消できる可能性があります。

毎年梅雨に入ると調子がいまいちという方は、体の巡りを良くして梅雨を迎える準備をしておきましょう!

37℃オンラインショップ:https://shop37.jp/

****************************
これからも『37℃サプリメント』をよろしくお願い致します。
ご心配・ご不明点ございましたら、いつでもご相談下さい。
皆様のお声をお待ちしております。
37℃株式会社
〒160-0022東京都新宿区新宿1-35-8 明石ビル5階
電話:03-5925-8011
(受付時間:月~金10:00~18:00土日祝日休み)